清洲城とは | 営業時間と住所、そして地図




清洲城とは | 営業時間と住所、そして地図

 

 

【清洲城レビュー1/9】

 

 

清州城とは、愛知県清須市にある戦国武将・織田信長ゆかりの城址公園です。

 

 

公園内には模擬天守のほか、お土産も販売している無料休憩所などもあり、清須市はもちろん、愛知県では有名な観光地です。

 

 

 

 

 

清須市の清州城

清州城は応永12年(1405年)、もしくは永和元年(1375年)に尾張国、遠江国、越前国守護の管領・斯波義重(しば よししげ)によって築城されたといわれています。

 

 

戦国時代は織田信長の居城となり、桶狭間の戦いも清洲城から出陣しました。

 

 

関ヶ原の戦いの後、徳川氏によって名古屋城が築かれる事になり、その時に清須の城下町を丸ごと引っ越しさせる【清須越し】により廃城になります。

 

 

平成元年(1989年)に旧・清洲町の町制100周年記念行事があり、その時にコンクリート製の天守閣が建てられました。

 

 

城の名前は清州城(きよすじょう)

 

 

城がある場所は清須市(きよすし)と、ヤヤコシイですが、読みは同じなのでOK。

 

 

 

 

 

 

歴史ファンが多く訪れる観光地


清州城のメインといえば、やはり織田信長です。

 

 

なので、城郭ファン、武将ファンをはじめとする歴史好きの方は、やはりチェックしておきたい観光地のひとつ。

 

 

公園内には、甲冑姿の信長と妻の濃姫(のうひめ)の銅像も建っています。

 

 

 

 

 

 

 

無料休憩所もある


公園内には、ふるさとのやかたという無料休憩所もあります。

 

 

中にはトイレや休憩室、またお土産も販売しており、観光パンフやリーフレットも置いてあります。

 

 

また座って弁当を食べる事ができるスぺースもあって、ここを拠点に公園内を散策すると便利です。

 

 

 

 

 

 

 

資料館になっている天守閣


天守閣は有料(¥300)で、中は資料館になっています。

 

 

特に戦国時代の展示が多く、分かりやすく解説してあるので、歴史に詳しくない人も楽しめます。

 

 

また最上階は展望室になっており、周辺をぐるりと見渡すことができます。

 

 

 

 

 

 

年間に様々なイベントがある


清州城は1年間通していろんなイベントがあります。

 

 

例えば御当地武将隊や戦国姫隊というアイドルによる催し、また史跡散策ウォーキングなども行われます。

 

 

そして10月の第二週末に清須信長まつりが開催され、火縄銃演武をはじめとする戦国ならではのイベントが多く、イベント時には来場者も多いのが特徴です。

 

 

 

 

営業時間

公園内は24時間。天守閣は午前9時〜午後4時30分まで(入館は午後4時15分まで)

 

 

休館日

公園内はなし。天守閣は毎週月曜日〈休日の場合は直後の平日〉

 

 

・年末(12月29日〜31日)

 

 

※桜の花見期間・清洲城ふるさとまつりの期間は開館しています。

 

 

清州城の住所

清須市朝日城屋敷1番地1

 

 

清州城の地図



この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

名古屋駅から電車で清洲城へのアクセス方法
名古屋駅から名鉄電車を使って清洲城への行き方を説明した記事です。移動に必要な要時間と料金も調べてみました。
岐阜、一宮方面から電車で清洲城へのアクセス方法
岐阜、一宮方面から電車で愛知県清須市にある清洲城への行き方を説明した記事です。移動に必要な所要時間と料金も調べてみました。
車で清洲城へのアクセス方法と駐車場の場所と料金
車で愛知県清須市にある清洲城への行き方と駐車場料金について説明した記事です。清洲城は二ヵ所の駐車場があるので行く前にチェックしておくと便利です。
お土産も買える無料休憩所、ふるさとのやかた
清州城公園にある無料休憩所・ふるさとの館についての記事です。
清州城の織田信長と濃姫の銅像の場所はここ!
清州城の織田信長と濃姫の銅像の場所についての記事です。
千と千尋の神隠しのモデルになった清州城の場所はココ!
清州城内に千と千尋の神隠しに出てきたシーンのモデルになった場所があります。その場所と撮影ポイントを解説した記事です。
清州城天守に登ってみました!入場料と感想
清州城の天守に登ってみた感想と入場料についての記事です。
清州城の所要時間とクチコミ、そして私の感想
清州城の所要時間とクチコミ、そして私の感想についての記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ