コスプレ撮影禁止!ワイルドフラワーガ−デンの園内の様子




コスプレ撮影禁止!ワイルドフラワーガ−デンの園内の様子

 

 

【ワイルドフラワーガ−デンレビュー 6/7】

 

 

では、名古屋港ワイルドフラワーガ−デンの園内に行ってみましょう。

 

 

まず入口。

 

 

車で来た場合やバスでワイルドフラワーガ−デンに来た場合、ここから園内に入って行きます。

 

 

最初に建物があり、この建物の中で入園料を払って園内に入るカタチになりますが、この建物の中も見どころがあります。

 

 

 

 

 

 


建物の中に入るとイキナリ目につくコスプレ撮影禁止の案内。

 

 

なぜコスプレ撮影禁止がなのかよくわかりませんでしたが、公式サイトを見てみると、以前にマナー、ルールを守ることができないコスプレイヤー方が多かったみたいです。

 

 

たぶん場所取りや他の客とのトラブル、苦情も多かったのでしょう。

 

 

しかし撮影料を払えばモデル撮影というカタチでOKみたいで、実際に私が行った時もいくつかのグル−プの撮影会が行われていました。

 

 

 

 

 

 


まず1Fにあるのはガ−デニンググッズなどを販売しているショップ・ボネット。

 

 

花や苗、種もありますし、季節に合わせた個性的なガ−デニンググッズも多いです。

 

 

私が最後に行った時は、ちょうど10月下旬頃で、チュ−リップの球根も10種類くらいお値打ちに販売されていました。

 

 

 

 

 

 


そして2F。

 

 

このフロアには、花に関する情報検索やパソコンで自分の架空の庭を作れる体験コ−ナ−みたいなものがあります。

 

 

また奥は西洋家具のフロアになっていて、ここでも休憩できるみたいです。

 

 

 

 

 

 


また建物の中にはリタ−ン式のコインロッカーがあります。

 

 

園内は歩いて散策する様になっていますので、必要以上の手荷物などはココで預けて散策するといいです。

 

 

 

 

 

 

 

そして園内


建物を抜けるといよいよ園内です。

 

 

入口のところに今の季節の見ごろの植物一覧があります。

 

 

いろんな種類があるのがわかりますね。

 

 

 

 

 


園内には季節の花が咲き乱れています。

 

 

また園内は22の庭があり、中にはトップガーデンデザイナーが魅せるモデルガーデンがいくつかあるんです。

 

 

例えばイギリスのトップガーデンデザイナーであるロビン・ウィリアムズ氏、そしてジョン・ブルックス氏が創るイングリッシュガーデン。

 

 

そしてアメリカ環境デザインの第一人者であるダレル・モリソン氏がデザインしたのテキサスの庭等もあります。

 

 

 

 

 

 

 


また庭を楽しむということで、園内のいろんなところにベンチがあり、小休止できる様になっています。

 

 

個人的な記念撮影は無許可でできるので、小道具やアングルを工夫して、いろんな写真を撮る事ができますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてシンボルツリ−があるアトリウム・サニ−ハウス。

 

 

ヨットの帆をイメ−ジした建物で、中は休憩所とプロカメラマンによる撮影受付所になっています。

 

 

また2Fに上がると名古屋港を見渡せる休憩フロアがあり、名古屋港水族館があるガ−デンふ頭も見えます。

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

ワイルドフラワーガ−デンとは | 開園時間と休園日,地図
名古屋市港区にある名古屋港ワイルドフラワーガ−デンブル−ボネットの開園時間と休園日、そして所在地の地図などを記載した記事です。
バスでワイルドフラワーガ−デンへのアクセス方法
名古屋市港区にある名古屋港ワイルドフラワーガ−デンブル−ボネットへバスでのアクセス方法解説した記事です。所要時間や料金なども調べてみました。
車でワイルドフラワーガ−デンへのアクセス方法と駐車場料金
名古屋港ワイルドフラワーガ−デンブル−ボネットの車アクセス方法と駐車場料金について解説した記事です。
ワイルドフラワーガ−デンの入場料金と各種割引き
ワイルドフラワーガ−デンの入場料金と各種割引きについての記事です。
水上バス行くワイルドフラワーガ−デン周辺の観光地
ワイルドフラワーガ−デンには水上バスが着工しています。これに乗って行くことができる周周辺の観光地を紹介した記事です。
ワイルドフラワーガ−デンの所要時間と口コミ、そして感想
名古屋港ワイルドフラワーガ−デンの所要時間と行った人の口コミ、そして私の感想です。

ホーム RSS購読 サイトマップ