南極観測船ふじの口コミと感想




南極観測船ふじの口コミと感想

 

 

【名古屋港水族館レビュー 11/12】

 

 

南極観測船ふじとは、昭和40年(1965)〜昭和58年(1983)まで18年間活躍した南極観測船。

 

 

昭和58年にその役目を終え、後継艦である初代・「しらせ」に役目を引き継ぎ、現在では名古屋港ガーデンふ頭に永久係留されて一般公開されいます。

 

 

名古屋港水族館、名古屋港ポ−トビルと同じガーデンふ頭にあるので、これらの観光地とセットで訪れる人も多いです。

 

 

休館日

 

毎週月曜日 

 

※休日の場合は翌日

 

※GW期間、7月〜9月、春休み、冬休み期間中の月曜日は開館。

 

※毎年1月下旬にメンテナンスのため数日間の臨時休館あり。

 

 

開館時間

9:30〜17:30

 

 

 

 

 

 


南極と聞くと、映画・南極物語のタロジロを思い出す人も多いのではないでしょうか。

 

 

実際に南極観測船ふじの前に実在したタロ、ジロの銅像も建っています。

 

 

『そうか、あの映画に出てきた南極船か〜』

 

 

と、思いきや、違います。

 

 

夢を壊すようですが、映画・南極物語に出てきたのは、南極観測船宗谷(そうや)。

 

 

ふじの前に活躍していた南極船です。

 

 

ちょっと混乱しそうな銅像ですが、まあ、同じ南極関連ということで。

 

 

 

 

 

南極観測船ふじの入場料金


南極観測船ふじは有料の観光施設です。

 

 

単体ですと、大人¥300、子供¥200。

 

 

しかし入る前に他の観光地との共通券をチェックしておきます。

 

 

 

 

 

 

南極観測船ふじがある名古屋港ガ−デンふ頭には、名古屋港ポ−トビル、名古屋海洋博物館もあり、この3館の共通券を¥700で販売しています。

 

 

¥200オトクですね。

 

 

さらに名古屋港水族館もセットの4館共通券ですと、¥2,400とさらにオトクです。

 

施設 単体で入る場合 共通券で入る場合
名古屋港水族館 ¥2,000

 

 

 

¥2,400

名古屋港ポ−トビル ¥300
名古屋海洋博物館 ¥300
南極観測船ふじ ¥300
合計 ¥2,900

 

 

まあ、他の観光地とセットにするかどうかは、その人のプランにもよりますが、歩いて行ける範囲なので、この共通券の事を覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

館内はどうなっているの?


では実際に船の中に入ってみます。

 

 

すると最初に目にするのが食堂。

 

 

1年前後の南極観測任務に従事する隊員たちの食堂です。

 

 

実際に使われていたもので、マネキン人形によって当時の様子が再現されています。

 

 

メニュ−も当時のものでしょうか?

 

 

 

 

 


そして館内の画像。

 

 

船の中なので、少し天井が低い場所があります。

 

 

これ、入って驚いたのは、歯を治療する病院や床屋等が船の中にある事。

 

 

確かにこの船が拠点になりますから、長い航海では虫歯も痛むかもしれませんし、髪も伸びるでしょう。

 

 

あと、各船員の船室もあって、等級が高い人は個室。

 

 

その他は4人部屋みたいなとこや集団の寝室になっています。

 

 

 

 

 


船の中には、南極の観測活動についての展示があります。

 

 

この辺は映画でもピックアップされましたが、映画では出てこない詳細な部分が展示してあります。

 

 

個人的にスゴイと思ったのが、実際に使っていた車みたいなものや観測器具みたいなものも展示してある事。

 

 

私は詳しくは分かりませんが、これも貴重なものだと思いました。

 

 

 

 

 


展示室を抜けると外の甲板に出るのですが、なんとヘリコプターが?!

 

 

実は南極観測船ふじは輸送用、偵察用のヘリコプターが搭載可能で、飛行甲板では1機ずつ発着できるようになっていました。

 

 

この展示してあるヘリコプターは、実際に昭和40年(1965)の第7次隊から15次隊までの間、9回に渡り、ふじと共に南極へいったヘリ。

 

 

昭和基地へ資機材など約2,000トンを空輸する任務などに活躍をしました。

 

 

中には入る事ができませんが、間近で見る事ができます。

 

 

また甲板は、南極観測の任務中に毎朝朝礼や総員体操なども行われていた場所だったとか。

 

 

 

 

 


そしてふじの操舵室。

 

 

船の操作を行ったり、前方を観測する場所です。

 

 

たくさんの計器があり、フクザツ過ぎてよくわかりませんが、実際に船を動かすとなると、いろんな計器が必要なんですね。

 

 

ここには立ち入る事もでき、ハンドルみたいなものに触れる事もできます。

 

 

 

 

南極観測船ふじの口コミ

南極観測船ふじの口コミをYahoo!ロコ、トリップアドバイザー、じゃらん観光ガイドの3つのサイトから見てみます。

 

 

でも口コミ数はあまり多くないです。

 

 

まあ、参考という事で、3つのサイトからバランス良くチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

私の感想

南極観測船ふじの私の感想ですが、ここは同じガ−デンふ頭にある水族館やポ−トビルとセットにすると良いと思いました。

 

 

というのは、南極観測船ふじの所要時間は大体30分くらい。

 

 

猛烈なマニアの方ならこれ単体で楽しめると思いますが、私を含め一般の観光客の方は、周辺の観光地と一緒に共通券で周ったほうがいいです。

 

 

あと個人的に楽しかったのは、船での生活を知る事ができたこと。

 

 

マネキン、よくできています。

 

 

ちなみに名古屋港ポ−トビルの7Fにある展望室から、南極観測船ふじの写真を見下ろす形で撮る事もできますので、チェックしてみてください。

 

 

南極物語が分かる世代の人にオススメの観光地です。

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

名古屋港水族館とは | 営業時間と休館日そして地図
名古屋港水族館とはどんな観光地なのかという概要と営業時間、定休日そして地図を紹介した記事です。
名古屋駅,金山駅から地下鉄で名古屋港水族館へのアクセス方法
名古屋駅,金山駅から地下鉄を使って名古屋港水族館への行き方を解説した記事です。移動にかかる所要時間や料金なども調べてみました。
車で名古屋港水族館へのアクセス方法と駐車場料金
車で名古屋港水族館への行き方と駐車場料金についての記事です。
2015年の名古屋港水族館ナイト営業期間
名古屋港水族館は閉館時間を延長するナイト営業があります。その詳細についての記事です。
名古屋港水族館の入場料金が割引になる5つの方法
名古屋港水族館の入場料金が割引になる5つの方法についての記事です。実際に私も試してみた感想なども記載しています。
名古屋港水族館イルカショーの音楽に初音ミクが!
名古屋港水族館でも人気のイルカショーはなんと音楽に初音ミクが!詳しい時間とショ−の概要についての記事です。
名古屋港水族館と周辺の食事とランチの口コミ
名古屋港水族館に行く前にチェックしておきたいのがランチ。ここでは館内と周辺の食事とランチの口コミについて調べてみました。
名古屋港水族館の再入場方法
名古屋港水族館はの再入場ができます。その方法についての記事です。
名古屋港水族館の所要時間と口コミそして私の感想
名古屋港水族館の所要時間と口コミ、そして私の感想についての記事です。
名古屋海洋博物館と名古屋港ポ−トビルの口コミと感想
名古屋港水族館の近くにある名古屋港ポ−トビルと名古屋海洋博物館の口コミと私の感想についての記事です。
名古屋港水族館周辺の遊園地シ−トレインランドの口コミと感想
名古屋港水族館周辺の遊園地シ−トレインランドの営業時間と休園日、また口コミと感想についてまとめてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ