国府宮神社はだか祭り2017の開催日




国府宮神社はだか祭り2017の開催日

 

 

【国府宮神社レビュー6/9】

 

 

平成29年(2017)に愛知県稲沢市の国府宮神社で行われる儺追神事(なおいしんじ)、通称・はだか祭りの開催日は2月9日(木)に開催が決定しました!

 

 

しかし儺追神事の関連行事は2月8日(水)〜2月10日(金)まで行われており、そのメインとなる、はだか祭りが2月9日(木)ということです。

 

 

国府宮神社のはだか祭りは、毎年旧正月十三日に行われるので、普通に平日という事もよくあります。2017年は木曜日に開催されます。

 

 

また当日は国府宮神社付近は交通規制が行われるので、車での参拝、見学も不可。

 

 

この日ばかりは国府宮駅から歩いていくのがベストです。

 

 

 

 

 

はだか祭りを見に行く時のアドバイス

私の経験から国府宮神社のはだか祭りを見に行く時のアドバイスを少々。

 

 

まず儺追神事(はだか祭)当日は、早朝から、なおいぎれを受ける人や厄除けの御祈祷を受ける人で境内は混雑します。

 

 

でも午前6時代くらいなら、まだ比較的スムーズに行けた年もありました。

 

 

あとメインの神事が行われるのが15時くらいからで、終わるのが17時〜18時台くらい、つまり周辺が暗くなったくらいに終わります。

 

 

つまり朝から待機して、暗くなるまでまるっと過ごす事になります。

 

 

なので、多くの人は昼くらいから国府宮神社に向かうのですが、その頃にはすでに大混雑。

 

 

見る場所もないくらいです。

 

 

でも場所取りをするにしても冬なので、防寒対策をきちんとしてから行った方が良いです。

 

 

また、はだか祭り後に販売される、なおいきれは、厄除けのお守りなので、購入しておいた方がオススメです。

 

 

真冬の神事ですが、稲沢市周辺はもちろん、愛知県でも有名な祭りなので、一度は国府宮神社でその迫力を生で見るのもいいですよ。

 

 

 

 

 

はだか祭りの後もオススメ

多くの人が、はだか祭りで儺追神事(なおいしんじ)が終わりと思っているみたいですが、はだか祭りの後も神事は続いています。

 

 

私もはだか祭り後の旧正月17日に行われる的射神事(まといしんじ)や、その後の(なおい茶会)に以前参加したことがあります。

 

 

非日常的な静粛な空気の中で執り行われる神事だけにピン!と張りつめた雰囲気がなんとも言えないくらい新鮮でしたね。

 

 

はだか祭りはメインの神事ですが、その後の神事も参加してみる事をオススメします。

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

国府宮神社とは | 場所と地図
愛知県稲沢市にある国府宮(こうのみや)神社の概要と場所、そして地図について記載した記事です。
名古屋駅から電車で国府宮神社へのアクセス方法
名古屋駅から電車を使って国府宮神社への行き方を説明した記事です。移動にかかる所要時間と料金も調べてみました。
岐阜、一宮市方面から電車利用で国府宮神社へのアクセス方法
岐阜、一宮市方面から愛知県稲沢市にある国府宮(こうのみや)神社への行き方を説明した記事です。移動にかかる所要時間と料金も調べてみました。
車で国府宮神社へのアクセス方法と駐車場料金
車を使って国府宮神社への行き方を説明した記事です。駐車場の場所と地図、そして料金なども記載してみました。
初詣や裸祭りの時の国府宮神社の駐車場はどこがオススメ?
国府宮神社の初詣や裸祭りに車で行く時にオススメの駐車方法があります。それを解説した記事です。
国府宮神社の厄除けお守り【なおいぎれ】とは
愛知県稲沢市にある国府宮神社の厄除けお守り・なおいぎれという布の意味や結び方、そして値段について説明した記事です。私も毎年買っているお守りで、効率の良い買い方なども紹介しています。
知っておきたい国府宮神社の巫女バイトの条件
愛知県稲沢市にある国府宮(こうのみや)神社では、初詣やはだかまつりの時に巫女のバイトが募集されます。その条件とは?
国府宮神社の所要時間とクチコミそして私の感想
愛知県稲沢市にある国府宮(こうのみや)神社の参拝に必要な所要時間とクチコミそして私の感想についての記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ