徳川園,徳川美術館とセットで行きたい蓬左文庫の感想




徳川園,徳川美術館とセットで行きたい蓬左文庫の感想

 

 

【徳川園,徳川美術館レビュー 7/8】

 

 

徳川美術館と同じ敷地に蔵みたいな建物があります。

 

 

これは蓬左文庫(ほうさぶんこ)といって、尾張徳川家に伝わる本や資料を収蔵・展示・一般公開している場所でもあるんです。

 

 

【蓬左とは?】

 

名古屋城周辺を指す言葉。

 

名古屋市熱田区にある熱田神宮をかつて蓬莱(ほうらい)宮と称した事から、熱田神宮より左(北)にある名古屋城周辺を指します。

 

ちなみに江戸時代、名古屋城は別名として蓬左城(ほうさじょう)とも呼ばれていたとか。

 

 

蓬左文庫の入館は無料。

 

 

中は撮影禁止になっているので、文章で様子と感想を書いてみます。

 

 

 

 

専門的な資料がたくさん

この蓬左文庫は、どちらかというと観光者向けではなく、歴史などを研究している人に向けられた施設です。

 

 

中は図書館みたいになっていて、いくつかの本棚があり、公開されているものは自由に閲覧する事ができます。

 

 

またコインロッカーもあるので、手荷物はロッカーに入れてから閲覧します。

 

 

すべての資料が公開されているワケではなく、収蔵品の一部ですが、テ−マによってかなり濃いものがあります。

 

 

例えば、私が調べてみたのは城。

 

 

名古屋城だけではなく、愛知県内や全国の城についての本棚を捜してみると、貴重な資料がたくさんありました。

 

 

 

 

 

私は結構、歴史や城なども好きなので、危うく時間を忘れて読み込んでしまいそうでしたが、結局1時間くらい居たと思います。

 

 

この蓬左文庫は、ある程度、時間をとって訪れたい文庫だと思いました。

 

 

また貴重な資料を一般公開してあるのは、非常に有難いですね。

 

 

歴史に興味がある人は、是非、ココもチェックしてみてください。

 

 

蓬左文庫公式サイト

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

徳川園,徳川美術館とは | 住所と開館時間そして休館日
名古屋市にある徳川美術館,徳川園とはどんな観光地なのか?概要と所在地と開館時間、そして休館日についての記事です。
名古屋駅から市バスで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法
名古屋駅から市バスで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法を解説した記事です。
名古屋駅からメ−グルで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法
名古屋駅からメ−グルで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法を解説した記事です。
車で徳川園,徳川美術館へのアクセス方法と駐車場料金
車で徳川園,徳川美術館へのアクセス方法と駐車場料金を解説した記事です。
徳川園,徳川美術館のランチとカフェやレストランの口コミ
徳川園,徳川美術館のランチとカフェやレストランの口コミを紹介した記事です。
徳川園を徳川美術館とセットにしたい理由とは
徳川美術館に行ったら、徳川園もセットで巡るのがオススメ!その理由とは?
徳川園,徳川美術館の所要時間と口コミそして私の感想
徳川園,徳川美術館は観光で訪れるとどのくらい所要時間がかかるのか?また口コミと実際に行ってみた私の感想です。

ホーム RSS購読 サイトマップ