徳川園を徳川美術館とセットにしたい理由とは




徳川園を徳川美術館とセットにしたい理由

 

 

【徳川園,徳川美術館レビュー 7/8】

 

 

徳川美術館に隣接する徳川園は、かつての大名の庭園を復元した日本庭園。

 

 

ココは有料ですが、個人的には徳川美術館とセットで訪れる事をオススメしたいと思います。

 

 

その理由は、広い敷地と素人でも風景を楽しめるからです。

 

 

 

 

 

実は現在の徳川美術館や蓬左文庫がある場所も含めて徳川園といい、かつては尾張藩主の庭園でした。

 

 

当時の敷地面積は、は約13万坪(約44ha)もあって、庭園内の泉水には、16挺立の舟を浮かべる事ができたそうです。

 

 

現在ではその一部が日本庭園として整備されているんです。

 

 

 

 

 

こんな時にオススメ


特に紅葉が有名な徳川園ですが、紅葉の季節ではなくても美しいです。

 

 

例えば5月などの新緑の季節とか。

 

 

あと私はよく、考え事をする時に徳川園に行ったりします。

 

 

つまり一年中、季節を変えて楽しめます。

 

 

あと、徳川美術館で企画展や特別展の時に、ついでに寄ってみるのもいいですね。

 

 

 

 

 

覚えておきたいメ−グルのセット技

徳川園,オススメ,理由

 

また名古屋市の観光周遊バス・メ−グルで訪れる時、名古屋城の次が徳川園,徳川美術館というのもポイントです。

 

 

車が無いと、徳川園,徳川美術館は、なかなか訪れにくい場所の様にも思えますが、メ−グルだと名古屋城の次に訪れる事ができます。

 

 

これはどちらかというと、歴史好きの方にオススメなんですが、徳川園,徳川美術館を見た後に栄や伏見などの繁華街にも行くので、観光客向けとしてもオススメです。

 

 

 

 

 

入園料はいくら?

徳川園,オススメ,理由
徳川園の入園料は、一般/高校・大学生で¥300です。

 

 

また団体割引や入園料減免、そして一年間何度でも使える定期入園券というフリ―パス券もあります。

 

 

いろんな割引や情報があるので、詳しくは、徳川園の公式サイトからチェックしてみてください。

 

 

こちら ⇒ 入園料について | 徳川園公式サイト

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

徳川園,徳川美術館とは | 住所と開館時間そして休館日
名古屋市にある徳川美術館,徳川園とはどんな観光地なのか?概要と所在地と開館時間、そして休館日についての記事です。
名古屋駅から市バスで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法
名古屋駅から市バスで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法を解説した記事です。
名古屋駅からメ−グルで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法
名古屋駅からメ−グルで徳川園,徳川美術館へのアクセス方法を解説した記事です。
車で徳川園,徳川美術館へのアクセス方法と駐車場料金
車で徳川園,徳川美術館へのアクセス方法と駐車場料金を解説した記事です。
徳川園,徳川美術館のランチとカフェやレストランの口コミ
徳川園,徳川美術館のランチとカフェやレストランの口コミを紹介した記事です。
徳川園,徳川美術館とセットで行きたい蓬左文庫の感想
徳川園,徳川美術館とセットで行きたい蓬左文庫についての感想を書いてみました。
徳川園,徳川美術館の所要時間と口コミそして私の感想
徳川園,徳川美術館は観光で訪れるとどのくらい所要時間がかかるのか?また口コミと実際に行ってみた私の感想です。

ホーム RSS購読 サイトマップ