篠島のおすすめ観光スポットまとめ




篠島のおすすめ観光スポットまとめ

篠島,観光,加藤清正,戦国,石切り場

 

 

【篠島レビュー8/11】

 

 

愛知県南知多町の篠島にはたくさんの観光スポットがあります。

 

 

ではどんな観光地があるのか?

 

 

オススメのスポットをザックリとレビューしていたいと思います。

 

 

 

 

 

海水浴場

篠島,観光,加藤清正,戦国,石切り場
篠島周辺は潮の流れが早いのかわかりませんが、海がかなりキレイです。

 

 

写真は海水浴シーズン前ですが、澄んだ色の海辺というのがよくわかりますね。

 

 

篠島は海水浴客も多く、名古屋からも泊りがけで訪れる人達も珍しくありません。

 

 

シーズン(7月、8月)は、海水浴目的で篠島をチェックしてみるのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

帝井


その昔

 

 

暦応元年(1338)、日本が南北朝時代だった頃、南朝の正統・義良親王(後の後村上天皇)が東国へ向かう途中、遠州灘で暴風雨に遭い、篠島に漂着されました。

 

 

その時、義良親王の飲料水を確保するために掘られたといわれているのが、この帝井(みかどい)です。

 

 

現在では飲料水として使用されていませんが、これも歴史の史跡のひとつです。

 

 

 

 

 

 

篠島城

篠島,観光,加藤清正,戦国,石切り場
義良親王が篠島に漂着された時、親王の滞在先として、島の東にあった妙見斎という寺に館を作ったのが、後世、篠島城と呼ばれる様になりました。

 

 

現在は神社みたいになっており、お城の雰囲気はありませんが、ここも義良親ゆかりの地ということで、毎年多くの歴史ファンが訪れるのだとか。

 

 

 

 

 

 

加藤清正の石切り場


篠島では良質の石がとれたらしく、名古屋城を築城する時、戦国武将の加藤清正が名古屋城の大天守の石材を求めて篠島にやって来たといわれています。

 

 

清正はここでたくさんの石を切り出し、名古屋城に運んだそうですが、途中で必要なくなったのか、切り出し途中の石がたくさん放置して数百年経っています。

 

 

いまでは清正の石切り場ということで、ここも観光スポットになっています。

 

 

こんなカンジで篠島にはいろんな観光地があります。

 

 

私の感想は、篠島にはこれ以外にもたくさんの観光地があるので、できるだけ1日かかりの時間を確保して訪れるのが良いと思いました、

 

 

この記事で紹介した史跡や観光地は本の一部。

 

 

その他篠島の観光地は公式サイトでチェックしてみてください。、

 

 

こちら⇒ 篠島お楽しみガイド

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

篠島とはどんな島?地図と観光ポイント
愛知県南知多町の離島・篠島とはどんな島なのか?地図と観光ポイントをまとめてみました。
名古屋駅から電車とフェリーで篠島へのアクセス方法
篠島への行き方を名古屋駅から電車とフェリーを使って解説した記事です。移動にかかる所要時間と料金も知らべてみました。
岡崎、豊橋方面から電車とフェリーで篠島へのアクセス方法
岡崎、豊橋方面から電車とフェリーを利用して篠島への行き方を説明した記事です。
車とフェリーで篠島へのアクセス方法と料金
車とフェリーを使って愛知県南知多町の離島・篠島への行き方を説明した記事です。移動にかかる所要時間と料金も調べてみました。
SKE48幡豆岬の歌碑と展望台がある場所はココ!
愛知県南知多町の離島・篠島に行く時、もし師崎港からフェリーに乗るならSKE48幡豆岬の歌碑もチェックしてみましょう。場所の地図と詳細を書いた記事です。
島の駅SHINOJIMAでレンタサイクルとランチをチェック!
愛知県南知多町の離島・篠島にある島の駅SHINOJIMAでレンタサイクルとランチをチェックしてみました。
地図でチェック!篠島のコンビニの場所と営業時間
愛知県南知多町の離島・篠島のコンビニの場所について、詳細と地図で説明した記事です。営業時間も記載しています。
日帰りでふぐもアリ!篠島ランチの口コミとオススメの店
愛知県南知多町の離島・篠島のランチの口コミとオススメの店を探してみました、日帰りランチやふぐのお店もあります。
楽天トラベルで篠島の民宿、旅館、ホテルを予約する3つの理由
私の体験による感想ですが、愛知県南知多町の離島・日間賀島の民宿、旅館、ホテルを予約するなら楽天トラベルがオススメです。その3つの理由について説明した記事です。
篠島の所要時間と口コミ、そして私の感想
愛知県南知多町の離島・篠島の所要時間と口コミ、そして私の感想について記載した記事です。オススメ観光地などもチェックしてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ