八丁味噌の所要時間と口コミそして私の感想




八丁味噌の所要時間と口コミそして私の感想

八丁味噌,所要時間,口コミ,感想

 

 

【八丁味噌の郷レビュー10/10】

 

 

八丁味噌の所要時間と口コミそして私の感想について。

 

 

まず所要時間ですが、カクキュー、まるや2つの八丁味噌蔵の所要時間を足すと、どのくらいになるのかポイントごとに計算してみます。

 

 

 

 

 

 

工場見学


たぶんメインがこの工場見学になると思います。

 

 

カクキュー、まるや共に見学時間は約30分ずつ。

 

 

2つ合わせると約1時間ですね。

 

 

ただし、見学時間は00分、30分の1時間で2回しか行われませんので、その待ち時間は含んでいません。

 

 

 

 

 

 

食事


カクキュー八丁味噌には味噌に特化した飲食店がありますので、ここで食事をしたとします。

 

 

オーダーから一通り食べ終わるまでの時間を約30分として計算してみます。

 

 

ただし、これはあくまで待ちナシでスムーズに食べる事ができたという設定です。

 

 

 

 

 

 

その他

その他の項目として、トイレ休憩、工場間の移動、お土産のチェック、小休止、宮崎あおいさんの手形チェックなどがあります。

 

 

これらをまとめて約30分としておきます。

 

 

ということで、カクキュー、まるや八丁味噌2つ合わせた所要時間は約2時間という計算になります。

 

 

 

 

 

 

口コミは

 

カクキュー八丁味噌の口コミをトリップアドバイザー、まるや八丁味噌の口コミをフォートラベルでチェックしてみたいと思います。

 

 

どちらも同じ様な評価ですが、女性の口コミと男性の口コミで見るべきものの視点がちょっと違っています。

 

 

この微妙な違い、分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

私の感想

 

私の八丁味噌蔵の感想ですが、ここは岡崎市というか、愛知の観光地としてもチェックしておくべき所だと思いました。

 

 

その理由は、貴重な工場見学です。

 

 

無料で実際に味噌を作っている現場に立ち入れる事自体、貴重な体験だと思いますし、名古屋めしでもふんだんに使われている豆味噌ですから、観光旅行者もホテルや飲食店で味噌汁くらいは口にするでしょう。

 

 

それらの味噌が、どうやって作られているかという事を詳しく知る事ができます。

 

 

あとネックになるのが所要時間。

 

 

2つの味噌蔵合わせて約2時間くらいなので、オススメなのは岡崎城とセットにすること。

 

 

またはランチを徒歩圏内にある岡崎ニューグランドホテルにしてもいいですね。

 

 

名古屋の観光地とセットにするのは効率が悪いので、岡崎市の観光地とまとめてセットにした方が、時間を効率よく使う事ができると思います。

この記事を読んだ人がチェックしている関連ページ

八丁味噌蔵とは | 場所と地図
愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつである八丁味噌蔵の場所と地図、そして概要について書いた記事です。
名古屋駅から電車で八丁味噌蔵へのアクセス方法
名古屋駅から電車を使って愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつである八丁味噌蔵の行き方を説明した記事です。移動にかかる所要時間と料金も調べてみました。
豊橋駅から電車で八丁味噌蔵へのアクセス方法
豊橋駅から電車を使って愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつである八丁味噌蔵の行き方を説明した記事です。移動にかかる所要時間と料金も調べてみました。
車で八丁味噌蔵へのアクセス方法と駐車場料金
車で愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつである八丁味噌蔵の行き方と駐車場料金についての記事です。
カクキュー八丁味噌の郷工場見学レビューと私の感想
愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつであるカクキュー八丁味噌の郷の工場見学に行った時のレビュー記事です。私の感想も書いてます。
本格的な味噌料理ならココ!カクキュー八丁味噌の久右衛門
愛知県岡崎市のカクキュー八丁味噌には本格的な味噌料理の店があります。それが久右衛門(休右衛門)今回、私も食べてきました!その感想レビューです。
まるや八丁味噌の工場見学レビューと私の感想
愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつまるや八丁味噌の工場見学レビューと私の感想についての記事です。
楽天市場で買える!まるや、カクキュー八丁味噌オススメはこれ!
まるや、カクキュー八丁味噌の商品は、実はネット通販でも買えます。私の感想ですが、楽天市場がオススメです。その理由について書いた記事です。
なぜ八丁味噌に宮崎あおいの手形があるのか?
愛知県岡崎市で有名な観光地のひとつである八丁味噌蔵がある場所に宮崎あおいの手形があります。その理由と私の感想についての記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ